Meta Trader4専用EA、AAKKを使用したトレードスタイルとは

こんにちは、メリ男です。

ある程度の回数の売買をしてみて、
AAKKの短所と長所がハッキリしてきました。
※AAKKとはMeta Trader4のEAです。

今日はどのロジックにも共通して必要なことや、
AAKKで取引するにあたっては特に気を付けた方が良いことをまとめてみます。

ダマシの回避

近年はHFTの影響もあるせいかダマシが多く発生します。
特に市場参加者が少ない東京市場時間では多発します。

AAKKはトレンド時に強いロジックでダマシは天敵になってしまいます。
つまりダマシを回避する必要があるということです。

そのため、ロンドン市場やニューヨーク市場で活発に取引が行われる時間を狙うことで、
東京時間で取引を行うよりもダマシに遭遇する確率を下げることができます。

このように取引する時間を変えるだけで勝率はかなり変わってきます。

原因の理解

為替は性質上、通貨をペアとして取引します。
ドルだけを買う、売るということはできません。

そのため通貨ペアで起こっている上昇や下落の原因を突き止めることが困難です。

例えば、ドル円が上がっていたとして、
ドルの価値が上昇しているのか、円の価値が下落しているのか、
それとも両方同時に起こっているのかを把握することは極めて困難なのです。

その中で価格の値動きに対する「原因をどのように突き詰めていくか」は非常に重要なポイントになってきます。

確率的思考

僕が損失を出している間、「負けてるじゃねーか」的なお叱りをいただきましたが、
3,4回負けトレードがあったからと言って勝てないトレーダーというわけではありません。

トータルで勝つということを意識しているので、
20回や30回程取引を行ってみて利益が出ていれば良いと考えています。

結構なドローダウンがある時は、
少し凹んだりする時もありますが、自分の検証したロジックを信じて取引をしていれば辛いドローダウン期も乗り越えることができます。

自分のトレードスタイルを信じることはそういう意味でも非常に大切です。

まとめ

AAKKはダマシを回避し、通貨ペアの値動きの原因を知ることができれば効力を発揮するロジックだと実感しています。
焦らず、ルール通りに取引をすることでドローダウンも乗り越えることができると分かったので、引き続きAAKKを使用していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

もし良ければポチっと応援をお願いします!

損失1億円超え物語 損失1億円超え物語