[初心者講座第3回] チャートの見方

初心者用コンテンツ第三弾はチャートの見方についてです。

  • 相場ってどう見たらいいの?
  • チャートってなに?

という疑問を解消していきます。

FXのチャートはたくさんのロウソク足ができています。
(海外ではロウソク足を使わない方もいますが、ロウソク足がメジャーなのでロウソク足を基本に話を進めていきます。)

ロウソク足の集合体 = チャート

そして下の白いものや黒いものがロウソク足と呼ばれるものです。
チャートによって色は違いますが、今回の説明では白と黒を使用します。

ロウソク足1

このロウソク足というものですが、
ロウソクに似ていることからロウソク足と呼ばれています。

また左のものが陽線(値が上昇したときに形成できるロウソク足)、
右のものが陰線(値が下落したときに形成できるロウソク足)として今回は説明をしていきます。

まずは陽線から見ていきましょう。

ロウソク足陽線

始値、終値、高値、安値を1つのロウソクで表しているということになります。

色は使用するチャートソフトや設定によって異なりますが、
陽線は上昇を示すということが非常に重要なポイントになってきます。

続いては陰線です。
陰線は下落を示しています

ロウソク足陰線

この集合体がチャートということです。
こんなかんじです。

img_chart

これはメタトレーダーのデフォルト(ロウソク足)のチャートですが、ロウソク足の中が黒いものが陽線で、白っぽいものが陰線です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

もし良ければポチっと応援をお願いします!

損失1億円超え物語 損失1億円超え物語