初心者によくおすすめされるFX Jinの恋スキャFXをガチレビューしてみた その1

どーも、メリ男です。
今回はクロスリテイリングの代表FX Jinの代表商材とも呼べる「恋スキャFX」をガチレビューしてみます。

まずは管理画面

これに特は意味はないんですが、ちゃんと購入した上でのレビューですよ、という証明です。

ちなみに講義はざっくりこのようなプログラムになっています。

カリキュラムを見ていただいたばかりですが、いきなり結論にいきましょう。

恋スキャは稼げるの?

恋スキャには2つロジックがあります。
レンジ相場で利益を出すロジックとトレンド相場で利益を出すロジックです。

今回その2つをシステム化して検証してみました。

レンジ相場で利益を出すロジックの収益

期間 : 2016年7月1日〜2016年11月11日
初期証拠金 : $10000.00
純益 : $-858.62
プロフィットファクタ : 0.54
最大ドローダウン : $914.52 (9.10%)

詳しくはこちら

トレンド相場で利益を出すロジックの収益

期間 : 2016年7月1日〜2016年11月11日
初期証拠金 : $10000.00
純益 : $-956.50
プロフィットファクタ : 0.77
最大ドローダウン : $1038.55 (10.37%)

詳しくはこちら

結論:利益を出すのは難しい

正直、このロジックに裁量を入れても稼ぐことは難しいと思っています。

バックテストの結果が全てではありませんが、ここまでの右肩下がりは問題です。
(1番良いのはテスト結果が±0になるものだったりします。)

特にレンジ相場で使用するロジックに関してはボリンジャーバンドを使用するのですが、
ボリンジャーバンドの開発者ジョン・ボリンジャーが提唱した方法とほぼ同じ使い方をしています。

※1ジョン・ボリンジャーは原因は定かではありませんが破産しています。
※2ボリンジャーバンドを本来の用途で使用すると確実に資金は減っていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

もし良ければポチっと応援をお願いします!

損失1億円超え物語 損失1億円超え物語